津軽人の集会所が出来たぞぉ!青森十三湖本家しじみらーめん|秋葉原ランチ

十三湖しじみらーめん・ねぶた飾り

TOPページにライターの仕事募集を出したのに一件も来なくて凹んでいたため、更新が滞っていたたけ丸です。

半分嘘です。

たけ丸はこの年末に引っ越しでバタバタしていて、更新どころではなかったのでした。
実は、今度引っ越すなら中目黒か吉祥寺か阿佐ヶ谷にしようと心に決めていたたけ丸。。。

愛着のある秋葉原を離れ、今回引っ越した先は

なんと、秋葉原。

結局、よく考えてみたらまだアキバに全然飽きる気配がないので、生活圏内が1ミリも変わらぬ所へ引っ越し。

「ついに最終回か?」
と思われたこのブログは、まだ続きます。

極めて数少ない読者のみなさま、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
ファンレターやプレゼントもお待ちしております。

スポンサーリンク

さて。
秋葉原駅から徒歩7~8分(岩本町駅から徒歩4~5分、神田駅から徒歩6~7分)の場所にある青森十三湖本家しじみらーめん 東京秋葉原店さんに行ってきましたよー!!

十三湖しじみらーめん・外観

(▲ねぶたの飾りがド派手に目立つ店先)

こちらのお店は青森に本店があり、つい先日、2号店としてここ東京・秋葉原に進出なさったとのことです。
青森のラーメンと言えば「味噌カレー牛乳ラーメン」というのが名物として有名ですが、この十三湖本家しじみらーめん」もいつの間にかそれに並ぶ名物なのだそうです。

お店は、外観から内装からすべて「ねぶた」一色!
巨大なねぶたの顔部分の展示や金魚ねぶたが沢山!!
店内の大型モニタでもねぶたの映像が。

たまたま青森出身だった同行のフレがひとこと、「青森はねぶただけじゃないんだけどな。松山ケンイチもいるし」と洩らすほどのねぶた推し。

ちなみに、たけ丸の脳みその引き出しにある青森の知識は「矢野顕子」(CDボックス買ったよ!)と「イギリストースト」(ユ藤パン・美味しい!)で全てです。ありがとうございました。

あっさりとコクから選べるしじみらーめん

入店すると、店員さんがちょっと訛りの残る標準語で席へ案内してくれました。
実は田舎出身のたけ丸はここでピンと来てしまいました。

こ、これは・・・
訛っている人が田舎出身を隠そうと、無理やり標準語を喋っている感じそのもの!!

いっそのこと、津軽弁丸出しの方が良いのに。

と微笑ましく思いながら席へ着きます。

座席はカウンターとテーブル席合わせて12席あります。
たけ丸が伺ったのは日曜の14時ごろでしたが、若いお一人様からご年配の夫婦まで結構なお客さんの出入りがありました。

まだオープンして間もないのに結構な人気です。
もしかすると、早くも青森県民の集会所になっているのかも?

スポンサーリンク

十三湖本家しじみらーめん東京秋葉原店さんの主なランチメニュー

主なメニューは以下のとおりです。

  • あっさり(普通盛)880円
  • あっさり(大盛)980円
  • あっさり(ハーフ)830円
  • コク(普通盛)880円
  • コク(大盛)980円
  • コク(ハーフ)830円
  • 限定美白(普通盛)1,180円
  • ねぶた漬 300円
  • ライス(小盛)150円 
  • ライス(普通盛)200円
  • しじみ増量(2倍)300円、チャーシュー(3枚)300円

*ほかに「恐山ビール」などのアルコール類、名物「リンゴジュース」などもあり
*オレンジ色で記載されたメニューは、たけ丸たちが頼んだものです

濃い味が好きなたけ丸は「コク(普通盛)」を頼み、同行のフレは「あっさり(大盛)」を頼みました。

また、せっかくなので、これも青森名物という「ねぶた漬」&「ライス(普通盛)」もセットで頼んでみましたよ!

注文してから4~5分で、らーめんは運ばれてきました。

「コク(普通盛)」です。しじみスープにほんのり濁りが入ったスープに、細めの縮れ麺、そしてしじみ、わかめ、お麩、ネギがのっています。

十三湖しじみらーめん・コク

(▲しじみらーめんコク(普通盛)です)

さっそくスープをひと口すすっちゃいましょう♪

ズー、ゴクっ。

十三湖しじみらーめん・コクのスープ

(▲黄金色に輝くスープ)

さらっとしたスープで、かなり熱いです。
しじみのダシがもちろん効いていますが、期待していたほど「しじみブースト!」感はありません。
少し塩気を効かせた旨味たっぷりのお吸い物といった感じです。

そして麺をつるつるつる〜〜〜!!

十三湖しじみらーめん・麺アップ

(▲細い縮れ麺をつるつるつる〜んとすすります)

細い縮れ麺は、オーソドックスな細麺でほんのりもっちり感があります。
こちらも割と淡白な味ですが、あっさりなスープとのバランスがばっちりで、ガツガツズルズルいけちゃいます。

そしてフレが頼んだ「あっさり(大盛)」です。
ラーメンと言えば濃い味が好まれるものと思ってましたが、意外にもこちらが人気No.1なのだそうです。

十三湖しじみらーめん・あっさり

(▲人気No.1の「あっさり」。白湯のように澄みきったスープながら旨味たっぷり)

麺と具は「コク」も「あっさり」も同じものですが、こちらの方がスープの色が澄んでいます。

スープを少し飲ませてもらいましたが、なんと「あっさり」の方がしじみの風味がしっかりと立っています!
しじみをより強く感じたいなら、「あっさり」が断然オススメです。

十三湖しじみらーめん・スープ並べてみましたよ!(⇣フォトご参照)

十三湖しじみらーめん・スープ並べたよ

(▲並べると違いがハッキリ!手前がコク、奥があっさりスープです)

らーめんをしばらくいただいたところで、「ねぶた漬」をいただくことにします。
「ねぶた漬」とは、数の子、するめ、昆布、大根、キュウリの細切れを醤油漬けしたもので、松前漬けのパク昆布のネバネバたっぷりなのが特徴です♪

ライス(普通盛)にねば〜〜&どろ〜〜とかけまして、、

十三湖しじみらーめん・ねぶた漬けオン・ザ・ライス

(▲ねぶた漬けオン・ザ・ライス!)

 

たけ丸は、ネバネバ系の食べ物は大好きなので、とってもションテンガリア−であります!

ネバネバ〜〜〜、パク!

ボリボリボリ。。。

うほほほほほ。

組み合わせ的にどう考えても安定の美味しさ。
ネバネバに福神漬けのような甘味を感じる素晴らしいお漬物です!

そして最後に、らーめんどんぶりの中のシジミちゃんの1個1個を前歯でこそげるように食べ尽くして、完食デス!!

食べ終わってみて〜たけ丸雑感〜

秋葉原のラーメン店といえば、やはりガッツリパワー系に偏って多いため、今回のお店のような「大人のあっさり系」は貴重とも言えます。

たけ丸の考える青森十三湖本家しじみらーめん」さんに向いている人は。。。

  • お酒を飲んだ後の人
  • ランチが腹8分目で物足りなかった場合の2回目のランチに行きたい人
  • オルニチンが摂りたい気分の人

ごちそうさまでした!

スポンサーリンク

お店の情報

たけ丸的レビュー(★4つ満点の8段階評価)

  • おいしさ: (お酒の後にピッタリ!)
  • ボリューム:
  • コスパ:  
  • 罪悪感:(油分少なく、肝臓にも優しそう)
  • ATフィールド:  
  • リピート度:
  • ワクワク度:(青森気分を満喫)
  • お飲みものは?:聞かれません

たけ丸オススメ度:

*レビューの見方はコチラです

基本情報

店  名:青森 十三湖本家しじみらーめん 東京秋葉原店
住  所:東京都千代田区神田須田町1-18-2 パークビル 1F
電話番号:03-3255-0156
営業時間:[月~金] 11:00~14:00 17:00~22:00 [土・日] 11:00~17:00
定  休  日:無休
座 席 数:12(カウンター席6、テーブル席6)
H    P:https://www.facebook.com/akb135sijimiramen/

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

十三湖しじみらーめん・ねぶた飾り
☆このブログの最新情報をFacebookでも☆

フェイスブックで「いいね!」を押していただくと、このブログの更新情報がおわかりいただけます。
秋葉原界隈の美味しいランチ店の情報をいち早くゲットしたい方は、是非!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。