肉を見ろ!寿司を見ろ!そして太郎が上野に来た@すたみな太郎NEXT@上野アメ横(御徒町)

すたみな太郎ネクスト・焼肉

健康診断が終わったとたん、ダイエットはどうでもよくなってきたたけ丸です。

東京の真っただ中に住むたけ丸にとって、名前をよく聞くから行ってみたいけど近隣にないから行ったことがない憧れの郊外のお店が、いくつかあります。

例えば、俗に「だうどん」と呼ばれる「山田うどん」さんや、ハンバーグの「さわやか」さんなどです。

そして、今回ご紹介するすたみな太郎」さんもそのひとつでした!

「すたみな太郎」さんと言えば、焼き肉をメインに、寿司だのスイーツだの何でもござれの食べ放題の有名チェーンです。
そんな「食の遊園地」とも言えそうな憧れのお店が、ついに上野アメ横に出来ちゃったというわけデス!

すたみな太郎ネクスト外観

休日のアメ横の雑踏の中見つけにくいですが・・・

sすたみな太郎ネクスト看板1

(▲目指していくと見つけにくいものの「食べ放題」の文字にふと立ち止まる人多数)

しかも、出来たのは「すたみな太郎<NEXT>ですよ!

HPによると、「NEXT」はノーマルの太郎と比較して駅チカでちょっぴりお値段も高く、ちょっぴり高級なのだとか?

そんなわけで、期待いっぱいで伺ってみましたよー!

*オープン当初の様子のため、今後サービス内容が変更になる場合があるかもしれません。

スポンサーリンク
たけ丸は休日の12:00ごろに伺ったのですが、オープンしたばかりだからか、なんと超満席!
店員さん曰く、次に入れるのは14:00頃ということ。

2時間待ちかぁ、、、空腹だしさすがに2時間も待つのはなぁ。。。

ちなみに名前を書いておけば外出してもOK。席が空き次第、電話で呼んでくれるということでした。

ようし、それならアメ横を2時間ばかりぶらついて、

限界まで腹を空かせて店を後悔させてやろうじゃないの!

闘争心たぎるたけ丸。

、、、

結局、ぶらつくどころか、すぐ近くの「二木の菓子」さんで2時間じっくり吟味し、でかい袋2つ分もの大量のお菓子を買っちゃいましたぁ〜〜〜。

ダーメダメダメダメ人間! 空腹の時に二木の菓子に行ったらダメーーー!!(それでも生きていかねばならない) 

そうこうしているうちに、電話で呼び出しがありました。

すたみな太郎ネクストさんの料金体系

  • ランチ60分コース (11:00~15:00(入店14:00)):1,400円(大人)
  • ランチ90分コース (11:00~15:00(入店14:00)):1,600円(大人)*休日ランチはコレのみ
  • ディナー90分コース(17:00~23:30(入店22:00):2,400円(大人)
  • ディナー120分コース(17:00~23:30(入店22:00):2,600円(大人)
  • 90分アルコール飲み放題:1,200円、120分アルコール飲み放題:1,500円

*子供(小学生):大人の半額、
*3歳以上小学生未満:ランチは子供の半額、ディナーは400円
*ほかに学割、シニア割あり

たけ丸が伺ったのは休日だったので、強制的に90分コースとなりました。

ここで、たけ丸からアドバイス!!

もし「すたみな太郎」さんが初めてでしたら、絶対に90分コースを選ぶべきデス!

たけ丸も最初は、「どうせ長居しないから60分でいいのになぁ」と思っていたものの、結果、90分少しオーバーまで粘ってしまいましたから。

なぜなら、メニューが豊富なので、最初の全体パトロールだけでかなりの時間を費やします。
さらに、自分で調理するメニューも多く、それは調理時間が必ずかかります。

つまり、純粋に食べる時間がかなり削られていくというわけなのです。

太郎、よく考えてやがる。

スポンサーリンク

店内は大混雑・大盛況です。

秋葉原も近いですし、お前らのみなさまが多いかと思いきや、意外や意外。

お客さんのほとんどはファミリー層でした。

たくさんのちびっ子たちが通路を嬉しそうに駆け回り、郊外のショッピングモールのフードコートのように、大変活気があります!

座席は4人~6人程度座れるボックスシートが壁際を囲むように多数配置され、かなりの人数が収容できるようです。

それに比べ、バイキング台は割とコンパクトにまとまっており、その中に所狭しとメニューが並びます。(ナント、100種類以上もあるそうデス!)

すたみな太郎ネクストさんの主なメニュー

バイキング台は大きく分けて以下の6つのカテゴリとなります。

焼き肉コーナー

牛はカルビを中心に種類少なめ、豚や鳥はホルモン系なんかもあって種類豊富。ハンバーグやソーセージ、海鮮、野菜なんかもあります。

お惣菜コーナー

焼きそばとか唐揚げとか、割とB級グルメっぽいラインナップです。

麺コーナー

うどんやラーメンやパスタまで、冷凍麺を自分で茹でて調理します。

串あげコーナー

これも自分で揚げます。

寿司コーナー

焼き肉と並ぶ看板メニューで、まぐろやあなごなどベーシックな16種類。小さいガラスケースにぎっしりと並び、どんどん補充されていきます。

スープコーナー

味噌汁やら辛いスープやら。カレーやハヤシもこの辺にあります。

スイーツコーナー

たけ丸個人の感想ですが、すたみな太郎さん最大のウリは実はココ!! 詳しくは後述します。

ドリンクコーナー

ガストにあるようなマシンのアレです。

うーむ、完璧。

まるで食を全方位から網羅したような、隙のなさです。

これでワクワクしない人はおりますまい!!

いざ、戦闘開始!

さぁ、たけ丸も焼肉メインにどんどん食べちゃいますよー!

着席すると、店員さんがテーブルの中央にあるロースターに火をつけてくださいます。

そうすると、食べ放題タイムがスタート! 

戦闘モードに突入~~~!!

スタミナ太郎ネクスト・肉コーナー

(▲お肉、野菜、魚介系の並ぶ棚です)

スタミナ太郎ネクスト・お惣菜コーナー

(▲お惣菜が盛りだくさん!!)

待ちくたびれた14時過ぎのランチなので、お腹ペコペコ! 

「お寿司にカレー」とか、どうなのかわかりませんけど、食べ合わせとか構わずにどんどんお皿へよそってはテーブルへ運びます!!

すたみな太郎ネクスト・テーブル

(▲お肉、お寿司などなどテーブルめいっぱいに!!)

焼き始めますっ!!

牛塩カルビ、豚肩ロースなどのお肉をメインに、ほかに、イカやトウモロコシなどもジュージュー焼いていきます。

すたみな太郎ネクスト・焼きの最中

(▲お肉以外にもイカ、トウモロコシも焼いてみます♪)

ちなみに、ロースターの上には、煙を吸引する装置が設置されていたので、お洋服に臭いがつくことはありません(*たけ丸的には重要な要素!!)

サラダを食べながら、肉を裏返して、、、いい焼き加減になってきました。

では、本気モードで食べまぁーーーす!!

まずはお肉。

ハグッ

うむ!

続けてサーモンのお寿司!!

ぱくっ

ふむ!

すたみな太郎ネクスト・焼肉

(▲タレをたっぷりつけて、いただきま〜す☆)

 

スタミナ太郎・お寿司

(▲サーモンのお寿司です)

自分で揚げた串かつを・・・

さくっ

うどんを・・・

ツルッ

唐揚げを・・・

むにゅっ

アハハハハ。

スタミナ太郎ネクスト・揚げ物コーナー

(▲揚げたての串カツがいただけますよ!)

 

すたみな太郎ネクスト・麺コーナー

(▲ゆがきたての3種類の麺がいただけます)

まぁ、こういうとこで、高級店のようなお肉やお寿司が出てくるハズはありません。

「ハハっ、やっすい味だなー(笑)」といった風に楽しむのが正解です。

ぶっちゃけ、どれを食べても「値段なり」です。

「あ、これ美味しい!もうこれでお腹いっぱいにしちゃおうかなー」なんて迷うことのない、絶妙なバランスが保たれているのが素晴らしいです。

いろんな味をテキトーに楽しむのがいいでしょう。

さぁ、テキトーにお腹が膨れたところでスイーツと行きましょう。

すたみな太郎NEXTさんでは、なんとバイキング台の約半分がスイーツ系という力の入れようです。

もはや、スイパラもかすむと言っても過言ではありません。

そして、たけ丸が行った時には、このスイーツコーナーは大変なことになっていたのデス!

すたみな太郎ネクスト・本日のスイーツ

(▲日替わりのスイーツを少しずつ)

スイーツコーナーには出来合いのケーキやゼリーなどもありますが、

最大の特徴はやはり体験型メニューの豊富さです。

そしてそこはもはや、キッザニアと化しているではありませんか!!

ちびっ子たちが大騒ぎで、綿菓子マシンやソフトクリーム機、クレープ焼き器、かき氷機などで、

職人と化していマス!!

ジェラードの入ったアイスクリームケースでは、背の小さい子供が身を乗り出し、身体を半分ケースに突っ込んで一生懸命手を伸ばしてジェラードをすくっています。

すたみな太郎ネクスト・ジェラート盛り合わせ

(▲ちびっ子に負けじと、ジェラートを盛り合わせてみました♪)

クレープコーナーでは自分でタネをホットプレートに入れて焼くのですが、加減のわからぬお子様はタネをなみなみと注ぎ、ホットプレートを海にしています。いつまで経っても焼けず、飽きてそのままいなくなったりします。

ポップコーンマシン綿菓子機もあり、自分で材料を入れて作りますが、まるでお祭り直前の屋台の仕込みが如く大量に生産されていきます。

なんと、水飴コーナーなんてものまであります。
10cmほどの水飴の容器から割り箸で掬って取るのですが、水飴は練らないと硬いのでそう簡単に取れません。そのうち飽きて、割り箸を刺したまま容器ごと持ち上げ、こん棒のように振り回して遊んだりしています(店員さんに注意されていました)。

床も若干ペタペタする気が・・・

親御さんはきっと、自分の席でスマホやお喋りに夢中なのでしょう。店員さんは他にも仕事がいっぱいなのでしょう、店中を懸命に駈けずり回っています。

そう。
ここは子供にとっての無法地帯メキシコ刑務所。いや、自由の国アメリカなのか。。。
そんな場で、細かいことを気にするなんて無粋の極みです!

子供のやることですから、多少の あらゆることには眼をつむりましょう。

 これは負けちゃおれんわ!!

たけ丸もちびっ子たちに負けじと、作ってみましたよ!

すたみな太郎ネクスト・チョコフォンデュ

(▲チョコフォンデュ〜♪)

すたみな太郎ネクスト・ポップコーン

(▲キャラメル風味ポップコーン)

まぁ、そんな感じで遊んで食事をしていると、すっかりお腹がパンパンになってしまい、いつの間にか制限時間の90分が経とうとしていました。

ナニゲに「すたみな太郎ネクスト」さんを満喫してしまった、たけ丸です。

食べおわってみて〜たけ丸雑感〜

味のクオリティとしては価格並です。

「ごはん系がより揃っているスイーツパラダイス」という感じでした。

これから行ってみようという方は、そんなイメージを持って行くと良いでしょう。
お子様連れのファミリーさんなら間違いなくお子様大喜びです。

(いろんな事態を目にすることがあるかもしれませんが。。。

たけ丸おすすめメニュー

さて、すたみな太郎初心者の方は、メニューがあまりにも種類がありすぎて、どれを食べたらいいのか迷われる方も多いと思います。

そこで、たけ丸が特におすすめのメニューをお教えしましょう!

以下の5つは自信を持ってオススメですよ!必食!!

1、焼きイカ

2、焼きトウモロコシ

すたみな太郎ネクスト・焼きイカ&トウモロコシ

(▲醤油をぬりぬりしながらじっくり焼くといいでしょう♪)

3、かき氷(グレープのシロップが絶品☆)

4、綿菓子

5、ソフトクリーム(ポーション式じゃなく、ちゃんとしたやつです。いろんなスイーツと組み合わせてオリジナルパフェを作るのもいいでしょう)

すたみな太郎ネクスト・かき氷

(▲特にグレープのシロップがおすすめ!!)

すたみな太郎ネクスト・綿菓子

(▲学園祭以来のセルフ綿菓子に挑戦!)

みなさんもお気に入りのメニューを見つけに行ってみてくださいね!!
ごちそーさまでした。

スポンサーリンク

お店の情報

たけ丸的レビュー(★4つ満点の8段階評価)

おいしさ: 

ボリューム:(食べ放題です)

コスパ:

 罪悪感:(食べ方次第で炭水化物抜きにも)

 ATフィールド:

 リピート度:

ワクワク度:

お飲みものは?:飲み放題です

たけ丸オススメ度:(ファミリーにおすすめです)

*レビューの見方はコチラです

基本情報

店  名:すたみな太郎NEXT 上野アメ横店 
住  所:東京都台東区上野4-2-6 上野西田ビル 4F

電話番号:03-5816-3929 
営業時間:[ランチ]11:00~15:00(最終入店入店14:00)、[ディナー]
17:00~23:30(最終入店22:00)
定  休  日:無休
座 席 数:108席(4人掛けテーブル席がたくさんありました)
H    P:http://edo-ichi.jp/next/

すたみな太郎ネクスト・焼肉
☆このブログの最新情報をFacebookでも☆

フェイスブックで「いいね!」を押していただくと、このブログの更新情報がおわかりいただけます。
秋葉原界隈の美味しいランチ店の情報をいち早くゲットしたい方は、是非!!

 

2 件のコメント

  • 初めまして。男性と外国人観光客にだけは優しい秋葉原の、女性でも大丈夫な情報をいつも公開していただき感謝しております。
    秋葉原デパートとかあったころは、おばちゃんにも安らぐ場所があったのに‥‥。
    この蒸し暑い夏、脳が要求しているのは肉ですよね。
    でも今回のレポート、しっかりたけ丸さんのテレパシーを受け止めましたよ。
    連休や夏・冬休みは行かないこと。
    しつけの行き届いていないガ‥‥もとい、食べ盛りのお子さんたちがいるファミリーではない限り、この食のパラダイスに足を踏み入れてはいけないこと。
    大人の自制心が求められるのですね。

    初めてなのに乱文失礼いたしました。
    間が空いて心配していましたがまたレポートを再開していただき嬉しかったです。
    外の暑さと中の冷房で体が参ってしまうこのごろ、どうぞお体お気をつけてくださいませ。

    • ゆうさま、
      コメントありがとうございます。

      今回の文脈を深く汲み取っていただきありがとうございます(但し、それが私の本意と合致しているかどうかは、敢えてここでは述べずにおきます(笑))。

      あちらこちらのお店を食べ歩いていますと、時おり「人を選ぶお店」に遭遇します。
      そういうお店をお伝えするにあたり、読者様に誤解を与えないように表現することにいつも頭を悩ませております。。。
      しばらくお休みしておりましたが、コメントをいただき、また俄然やる気が出てきました!
      これからもよろしくお願いいたします!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。