濃厚スタミナ系台湾まぜそば、はじまったな☆麺屋はるか

IMG_2818

 IMG_2818

このブログを始めてからあちこちのお店に行っている、わたくしたけ丸ですが、
秋葉原の中心地、中央通り沿いのお店は未だ行ってないんですね(このブログのそもそものコンセプトが「食べログ」で3.2以上の☆評価店をメインとしていることが関係してますけど)。

それが、、、今回やぁぁっとのことで中央通り沿いにあるお店を紹介できる運びとなりました!!

 

「麺屋はるか」秋葉原店です。

スポンサーリンク

 こちら、最近「名古屋名物」として話題の「台湾まぜそば」のお店です。

秋葉原に流行りの飲食店がオープンすることってあまりないように思えるんですけど、

実際に「台湾まぜそば」(並盛・780円)食べてみると、ここ秋葉原の中心地にオープンした理由がよくわかりました。

IMG_2820

どんぶりには、卵黄を中心にニラ、九条ねぎ、豚ひき肉(唐辛子入り)、ニンニク、刻み海苔、魚粉とスタミナいっぱいの具が色とりどりに、ビーッシリと敷き詰められています。具を掘り起こすと全粒粉のもっちり太麺が出てきます。

そしてこの具と麺をぐっちゃぐちゃに混ぜあわせていただきます。

混ぜあわせてしまうとビジュアル的にはあまりキレイではないけど、「これぞジャンクフード!」という感じで食欲が湧いてきます!

 

いざ実食してみると、、、濃い濃い濃いよぉ〜〜〜!!

メインの醤油タレ、卵黄を始めとした具材、そして唐辛子などなど、

塩分、コク、辛さといった全項目的にパラメーター高めです。

 

この濃厚さのおかげで、並盛でもかなりの満足感を得られます。

さらに「追い飯」といって、麺を完食した後にレンゲ1杯半のご飯をもらうことができ、これをタレに絡めて食べるともう、、この濃厚具材を堪能し尽くし、、ギブアップという感じでした(私の場合)。

 

これは、アキバに集う若人たちの胃袋をギュっと掴むかも!
(ラーメンの価格としては決して安い方ではないけど)

だから、この秋葉原の中心に開店したんだ。。。

 

でもね正直、私にはちょっと塩分が濃くて結構辛めだったので、完食はキツかったです(・・・完食しましたけどねー)。

店員さんが注文前にニンニクを入れるかどうかを聞いてくれるのだけど、「辛さレベル」も聞いてくれるともっとよかったのになぁ。

 

 ちなみに客層は、当然のごとく男性9割でした。

という訳で、

この濃厚な味付けに、ドハマリする人も結構いると思うので、アキバでのショッピングの途中でこの「台湾まぜそば」でがっつりとスタミナをつけてみてはいかがでしょうか。

ごちそうさまでした!

 

お店の情報

たけ丸的レビュー  (★4つ満点の8段階評価) 

おいしさ: 

ボリューム:(味の濃さと「追い飯」でかなり満足)

コスパ: 

 罪悪感:(スタミナ満点だけどカロリーもそれなりにありそうです)

 ATフィールド:(アキバの中心地にありとても入りやすいですが、地下にあるので0.5だけつけました)

 リピート度:

お飲みものは?:聞かれません

たけ丸オススメ度:

*レビューの見方はコチラ

IMG_2822

 

 

 

 

 

 

基本情報

店  名:麺屋はるか 秋葉原店
住  所:東京都千代田区外神田3-13-7 田中無線電機ビルB1F
[map addr=”東京都千代田区外神田3-13-7 田中無線電機ビルB1F” width=”600px” height=”450px”]電話番号:不明
営業時間:[平日]11:30~15:00 18:00~21:30 [土・日・祝]11:30~16:00 18:00~21:30
定  休  日:火曜日
H    P:http://menya-haruka.com

IMG_2818
☆このブログの最新情報をFacebookでも☆

フェイスブックで「いいね!」を押していただくと、このブログの更新情報がおわかりいただけます。
秋葉原界隈の美味しいランチ店の情報をいち早くゲットしたい方は、是非!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。