話題の立ち食い焼肉店がアキバに上陸☆治郎丸@秋葉原

タン下・タン先・タン元のタンシリーズ
外観・一般的な焼肉屋さんとは違いお寿司屋さんのような感じ

(▲外観。まるでお寿司屋さんのようです)

オープンしたばかりの「治郎丸(じろうまる)秋葉原店」さんに行って参りましたよぉ〜〜!

こちらは、今年の初めあたりから都内で新宿歌舞伎町、大井町、桜木町など都内近郊でポツポツとオープンしだして話題の立ち食い焼肉のお店なんです!!

立ち食いのお肉といえば、「いきなり!ステーキ」さんがおなじみですが、こちらは「焼肉」です。

しかも、お肉1枚単位で注文できちゃうとっても斬新システムなんですよぉ〜〜!! 

本日の肉がお店の内外に短冊で表示

(▲店外に「本日の肉」が木の短冊で表示されています)

もしかしたら、今後「いきなり!ステーキ」さんのようにどんどん増えてったりするのかもしれませんねー☆

最近、お肉の人気店がポコポコ開店している秋葉原界隈で、ちょっとやそっとのお店じゃ目立たない状況ですけど、「治郎丸」さんのインパクトといったらないデス!!
だって立ち食いの焼肉なんですもの!!

これまでもステーキのほかにもフレンチだとかイタリアンだとか常識を覆す立ち食い店が増えてますけど、今度は焼肉ですよ、立ち食いのヤキニク!

という訳で、レポってみようと思います。

(*最近アキバ界隈で開店した肉系店:「いきステ」さんのほかにも、「タケル」さんとか「神保町食肉センター上野店」さん、銀座ライオンさんなどです☆)

スポンサーリンク

立ち食い寿司店システムの焼肉店

「立ち喰い焼き肉 治郎丸」さんは、焼肉店でありながらお寿司屋さんのような店構えとシステムのお店です。

木製の扉とのれんをくぐると、立ち食いのカウンター、目の前にには白衣の寿司職人ならぬ肉職人さん(? よくわかりませんけど、以下「肉職人さん」と呼びマス)がお立ちになっています。

店内壁面に掛かっている木の短冊のメニューを見ながら注文すると、肉職人さんは切ったお肉を出してくださいます。

カウンターにはお寿司屋さん同様肉ネタが

(▲カウンター目の前のショーケースには肉ネタが)

カウンターには1人1台(2人組だと2人で1台)の焼き台がセッティングされているので、それを使って焼いていきます。

立ち食いカウンターなので、お一人様(実際、約10席の内8割がお一人様でした)など少人数でマイペースにお肉をつまみながらお酒を飲むのに適している感じです。

メニューは低価格帯ホルモンから希少部位まで

メニューは、
【豚のホルモン系・2枚セット】
・ノドブエ(30円)
・テッポウ(30円)
・ノドガシラ(50円)
・チレ(50円)
・コメカミ(50円)
・ノドモト(80円)
・トントロ(80円)
・豚ハラミ(80円)
・マルチョウ(80円)
・ヤン(80円)

【タン系】
・タン下(100円)
・タン先(180円)
・タン元(190円)

【希少部位系】
・バラ山[宮城県産 A5](100円)
・ウチモモ[岩手県産A4](280円)
・ミスジ[きたかみ牛A5](300円)
・サーロイン[佐賀牛A5](300円)

などがありました。

スポンサーリンク

これらのメニューは日替わりで、売り切れのものが出ます。

お肉一切れ300円ですと注文するのにびびってしまいますけど、豚のホルモン系ですと2枚セットで30円からと安心して注文できますね。

ほかに、

【ドリンク】
・生ビール(450円)
・サワー類、ハイボール系(400円台)、まっこり(700円)、グラスワイン(500円)、日本酒(800円から)
・ソフトドリンク系(250円)など
*秋葉原店限定でドクターペッパーを出すそうです。お前らのみなさま仕様なのかな??

【サイドメニュー】
・ライス(280円・大盛50円増)
・わかめスープ(280円)、たまごスープ(280円)
・ライスセット(スープ付)(380円)

・サンチュ(300円)
・カクテキ(300円)、キムチ(380円)、きゅうりスティック(300円)
・さっぱりシャーベット(290円)

などがありました。

どんどん焼いていきます

店内に入りカウンターにつくと、カウンター下のフックに荷物をかけます。そして店員さんから紙エプロンとおてふきを渡されます。
カウンターには、焼き台、小皿、お箸が既に置いてあります。
カウンターは(開店直後で混み合っているからかもしれませんけど)、1人あたりのスペースがかなり狭めで身動きが取りにくいです。

カウンター下には荷物かけがあるので一安心

(▲カウンター下には荷物かけがあるのでひと安心)

まずはドリンクの注文を聞かれますので「烏龍茶」を(本当は「食事だけでいいですか?」と尋ねたかったんですケド雰囲気的に無理でした、、)、それから「ライスセット(スープはわかめスープ)」を頼みました。

飯。普通サイズのお茶碗によそってくださいます

(▲ご飯。普通サイズのお茶碗によそってくださいます)

具だくさんのわかめスープ

(▲具だくさんのわかめスープ)

お肉は、最初に「豚のホルモン系全部」(上記30円〜80円の10種全部)を注文しました。

何を注文したらいいかわからない、いきなり希少部位を注文する勇気のないイチゲンさん取り敢えずこの「ホルモン全部」(合計530円)を注文するのがいいと思いマス!!

豚ホルモン一式がひと揃い

(▲豚ホルモンがひと揃い☆)

それぞれ2個セットなのは、お得っぽいですけど、どれも小ぶりです、、、お安いので仕方ないか〜、、なんて思いつつ焼くと、さらに縮み、、、

でも! 
食べてみると、結構イケます!! んまんま〜〜〜、デス!!  

ちなみに(比べていいのかわかりませんが)、先日ご紹介した「神保町食肉センター」で食べた同じホルモン系のお肉よりも小さいながらも、味は美味しかったです。

小ぶりなホルモンを焼いていきます

(▲ホルモンをジュワ〜っと焼きます)

たけ丸がホルモン系の中で特に気に入ったのは、ヤン(↓フォト上段左)、トントロ(上段右)、マルチョウ(下段左)、豚ハラミ(下段右)で、リピっちゃいましたよ〜。お安いですしね〜。

ホルモン系のお気に入り4種。リピートしました

(▲ホルモン系のお気に入り4種。リピートしました)

そして、タン下、タン先、タン元をば。(100円〜190円)
お値段が上がったぶん、色味といい、厚み、大きさといい、かなりのランクアップ感!!

タン下・タン先・タン元のタンシリーズ

(▲タン下・タン先・タン元のタンシリーズ・フレの分と合わせ二人前です)

コリコリして弾力ある歯ごたえがとってもよかったのですけど、どれだったかひとつが、、、
(スミマセン。どれが下だか先だか元だかわからなくなっちゃいましたが、上記フォトの上2種のうちの右側の肉だったと思います。)

これがいつまでも噛みきれなくって、口の中にずっと残っちゃって、、、最終的には無理してゴックンしました。。

タン系を焼きます

(▲タン系を焼きます。シマシマの焼き跡は食欲を刺激します)

そしてそして、真打ち!! 
希少部位いっちゃいますよ!!

ミスジ[きたかみ牛]とサーロイン[佐賀牛]。

どちらも、A5ランクぅ〜〜!!! 

左がミスジ、右がサーロインですよぉ〜〜

(▲左がミスジ、右がサーロインですよぉ〜〜ゴクリ)

 これは、ちょっと緊張感を持って、取り扱わねば。。。
食べ放題や、偉い人のおごりの時とはワケが違いますし!!!

 

たけ丸はサーロインをいただきました。(フレがミスジをいただきました)

いいお肉なので、焼き過ぎないよう、注意注意、、、

サーロインを焼き、ちょうどよいところでいただきます

(▲サーロインを焼き、ちょうどよいところでいただきます)

塩をパラパラっとかけて、ひとくち300円、いただきますっ!!

ふぅ〜〜!!(ため息)

適度な歯ごたえで、あぶらの風味がふわ〜っと口中に広がって、美味しい〜〜〜〜!!!!

うぅ〜〜、これをご飯に存分に敷き詰めて「サーロイン丼」にしたい!!!!

ひととおりいただいてみて〜たけ丸雑感〜

ひととおりいただいてみて思ったのは、

「うおォン」を予算に応じて気軽にできる 

・スペースが狭いから2人以上で行くのは薦められない

・おつまみにホルモンだけを注文して一杯飲み屋として使う分にはリーズナブル

・焼肉店としては高級店レベルの美味しいお肉が出てくる

という感じで、「立ち食い焼肉」という売り文句からイメージされるリーズナブルさは(ホルモンを除くお肉については)それほどではありません。

なので、
少し高いお金を払っても、美味しいものをちょっとずつ色々食べたいという方に向いているお店だと思いました。(叙々苑とかでは、1枚単位では注文できませんからね!)

しかし、ひとつかなり大きな問題が!!!
煙の吸引具合がまるでダメなんデス!!!

焼き台そのものや、その周辺に換気装置がないせいなのか、お店の中は煙がモウモウと充満していました。

それに、荷物を入れるビニール袋もリセッシュ的なものも置いてなくて、、、服もバッグも髪の毛もしっかりお肉の臭いがついちゃいましタヨ。。。しくしく。
なので、行くときは「焼肉用の服」(二軍のTシャツなどw)で行った方がいいですね。

これって開店間もないがゆえの不具合で、いずれ改善されるのかしら・・・?? 

でもでも、美味しいお肉をいただけましたし、面白いシステムでしたし、とてもいい経験ができましたよっ。

ごちそうさまでした!

お店の情報

たけ丸的レビュー(★4つ満点の8段階評価)

おいしさ: 

ボリューム:

コスパ:

 罪悪感:

 ATフィールド:(お財布に3,000円もあれば気楽に入れます)

 リピート度:(お得なランチセットがあればリピ度上がるのになぁ)

お飲みものは?:聞かれます

たけ丸オススメ度:

*レビューの見方はコチラです

基本情報

店  名:立ち喰い焼肉  治郎丸 (ジロウマル)秋葉原店
住  所:東京都千代田区外神田1-2-3 土田ビル1階

電話番号:03-3254-0517
営業時間:11:00〜23:00
定  休  日:無休

タン下・タン先・タン元のタンシリーズ
☆このブログの最新情報をFacebookでも☆

フェイスブックで「いいね!」を押していただくと、このブログの更新情報がおわかりいただけます。
秋葉原界隈の美味しいランチ店の情報をいち早くゲットしたい方は、是非!!

 

2 件のコメント

  • 文章が読みにくいです。
    カッコは無駄に使わずシンプルにしましょう。
    タンがどれかわからないとおっしゃってますが
    レポートをメインに食事なさったんでしょ?
    わからないなら普通に食べた方が美味しかったでしょ
    これはレポートとは程遠い、感想文ですね。

    • 「あ」さま、
      コメントありがとうございます。
      カッコ、、そうなんです。悪いクセです。今後はさらに気をつけようと思いました。
      また、タンについての部分など読み流されそうな細かいところまでお読みくださり恐縮です。
      これからも添削ご指導いただけましたら幸甚です!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。