モーちゃんブーちゃんごめんなさいっ。「いきなり! ステーキ」堪能しちゃったよ@秋葉原

ステーキ(リブ300)2

秋葉原駅から万世橋を渡って左手すぐの場所に、「いきなり!  ステーキ」さんはあります。

コチラ、みなさんもご存知のとおり最近破竹の勢いっていうのでしょうか、もぅあちこちでじゃんじゃん増えちゃって、どの店舗も大人気とのことです。

たけ丸も、未だ秋葉原にできる前のころ、、おそらく4~5店舗しかできていない頃だったでしょうか、、神田南口店に行き、ものすごく気に入ってしまって、短期間のうちに3回も行ってしまった程です!!

(ま。その3回でマイブームは去り、しばらく足が遠のいていた訳ではありますが、、、

 

で、ですよ!

ここは目の前にはお馴染み「肉の万世」さんのビルがそびえる場所でもあり、いわば肉の聖地と言える場所。。。

あの、モーちゃん&ブーちゃんのお膝元なのでございますよ!(たけ丸は、このお二方の大ファンなのですが、この件はまた後日改めて熱く!!

(▲ 上が豚のブーちゃん、下が牛のモーちゃん)

まぁ、一旦飽きてしまった「いきステ」ではありますが、

「ときにはがっつりステーキを、お安く食べたい!」

そんな気持ちになるんですね。

 

でもたけ丸的にはこのロケーションがねぇ、、、モー&ブーさまを目の前にして裏切る訳には、、、

でも万世さんでステーキはちょっぴり(フロアによっては、とてつもなく)お高いですし、、、

なんていう勝手なジレンマのあまり、この秋葉原万世橋店さんにはなかなか行けずにいたのですけど、

今回は、まぁ夜なら「暗くてあの建物が目に入らず後ろめたさもないかも??」てな感じで、行くことにしたのでした、、、
(でも、ちょっと前に万世さんは改装なさって、夜はかえって電光でモー&ブーさまが目立つようになっていたという、、、(泣)

 

 

外観

(▲夜訪問ですが、土日は終日同メニューなのでご紹介しています)

ご飯どきにいったせいもありますけど、やはり行列です〜〜〜!! 

秋葉原らしく痛車でご来店の方もいますねぇ。。 

10人くらい並んでいましたが、お客さんの回転がそこそこ速いので、15分位の待ち時間で入店できました。

スポンサーリンク

 こちらのお店は、今さらご説明するまでもないかとは思いますけど、立ち食いスタイルでステーキを提供するお店なのです。(ちなみに池袋にある店舗は、200円払えば座れる席もあるそうです)

店内は、立ち食いそばのように所狭しと立ち食い用テーブルが並べてあって(24席あります)、一人あたりの席は隣の人とひじが当たるか当たらないかスレスレのスペース、卓上にはフォークとナイフ、ソース、スパイス、紙エプロンなどが置かれています。

フォークナイフ スパイス

お店に入るとまず、店員さんからライス、サラダなどのサイドメニュー、ドリンクなどのオーダーについて聞かれます。 

そしてお店奥の厨房前まで行き、ステーキのオーダーをします。

ステーキの種類は、

・リブロースステーキ
(1グラム6円・300グラム以上オーダーすること)

US産アンガス牛サーロインステーキ
(1グラム7円・300グラム以上オーダーすること)

・ヒレステーキ
(1グラム8円・200グラム以上オーダーすること)

・本格熟成国産牛サーロインステーキ
(1グラム10円・200グラム以上オーダーすること)

の4種類です。
(ちなみにお肉の産地は、一部のものはUS産と国産って銘打ってありますが、おおむねどこなのかは不明です。。。

スポンサーリンク

厨房の前でコックスーツを着た店員さんに、お肉の種類、お肉の量、焼き方を伝えますと、店員さんが奥から肉を出してきてその場でサクっとカットしてくださいます。

そして、お肉をはかりにのせて重さを測って、それを調整します。
例えばオーダー重量をオーバーしていたら、「ここの脂身の部分をちょっとカットしましょうか?」なんて言ってくださったり、、、ってな感じです。

そして、店員さんがカットしたお肉をその隣にあるグリルで焼いてくださるので、席に戻り焼き上がりを待ちます。

 

たけ丸は、リブロース300グラム(1,800円位・・・300グラムジャストっていう訳ではないので、お値段は多少の増減あり)、焼き加減はミディアムレアにしました。

なお、ライスなどはお肉を300グラムも食べるので、オーダーしませんでした。

そして、待つこと10分くらいでステーキが運ばれてきました!!

ステーキ(リブ300)1

(▲湯気が沸き立つリブロースステーキ)

キタ、キタ、キタヨ!!  

鉄板の上でジュージュー、パチパチ音がしてあぶらが跳ねまくり☆

湯気がたちのぼり、ステーキ、とろけたバター、ガーリックのいい香りがもう鼻腔に大・直・撃〜〜!!

 

ではでは、すぐにかぶりついちゃいましょうか〜〜〜。。

ナイフとフォークでステーキを「キコキコ、ゴリゴリゴリ、、」

この動作をを立ったままの姿勢でやります。。。

立ち食いそば屋さんでいうところの「ズルズルズルー」が「キコキコ、ゴリゴリ〜」だったんですけど、見慣れない光景だけに、なんだか面白いです!!ステーキUP2

 

お値段の割には、結構柔らかいお肉ですよぉ、、、

(ファミレスとかでこのお値段だったら、もっと硬いかと思います)

いわゆる肉々しいという感じでもあり(めちゃくちゃ柔らかい訳じゃないけど)、そこそこに柔らかいステーキです。

 

ステーキの上のバターとスライドオニオン、そして塩・胡椒とシンプルにいただくので、レアさが残ったお肉の旨味もよ〜〜くわかります。。

ん〜〜たまらないデス!!!

 

、、、なんていう感じでどんどん食べ進めていったのですけど、、、

たけ丸は焼き加減を失敗しちゃいました

 

3分の2くらい食べたところで、鉄板の余熱でお肉がすっかりウエルダンになっちゃったんです。。

そうすると、お肉がどんどん硬くなってきちゃって、味にも飽きてきちゃって、、、

卓上にあったステーキソースをジャバジャバかけてみたんですけど、ん〜〜

レアさが残っていれば、塩胡椒だけでも飽きることはなかったはずだったのにぃ。。ステーキソース

 

たけ丸は元々焼き具合はレアが好きなんですけど、先日母親から「お肉はよく焼いた方が身体によい」とたしなめられたので、間をとって(笑)ミディアムレアにしたのでしたが、それがよくなかったようです、、、

 

なので、
レアステーキが好きな自分への「いきステ」MEMOをば。

・焼き方はレアにすべし

・ミディアムレア以上に焼くなら、お肉は添えのオニオンやコーンの上にのせ鉄板になるべく触れないようにすべし

400グラム以上のお肉ならそこそこ厚みがあるので、最後までウエルダンになりにくい(そこまで食べられれば、ですけど)

—————————————–

てな感じで、今回のウエルダン・ショックで(つか、自らが招いた失敗ですけど)、たけ丸はしばらくは行くことはないかもしれませんけど(たぶんね、「いきなり! ステーキ」さんの快進撃はこれからも続くことでしょう!!

ま。

ちょっぴりお高くても、アキバでお肉といえば

モーちゃんとブーちゃんはないがしろにしちゃいかん! 

と自らを戒めた、たけ丸でした。

 

でも「いきステ」さん、ごちそうさまでした!

IMG_4214

(▲モー様&ブー様のグルメツアーハガキ☆)

 

お店の情報

たけ丸的レビュー(★4つ満点の8段階評価)

おいしさ: 

ボリューム:

コスパ:

 罪悪感:(ライスを頼まなかったのでカロリー抑えめです)

 ATフィールド:

 リピート度:

お飲みものは?:聞かれます

たけ丸オススメ度:

*レビューの見方はコチラです

基本情報

店  名:いきなり!ステーキ 秋葉原万世橋店
住  所:東京都千代田区神田須田町2-23-9 大和ビル 1F[map addr=”東京都千代田区神田須田町2-23-9 大和ビル 1F” width=”600px” height=”350px”] 電話番号:03-3526-2629
営業時間:【月~金】 11:00~23:00【土・日】 15:00~23:00
☆平日限定のランチタイム(ランチタイムメニューあり)11:00~15:00
定  休  日:無休
H    P:http://ikinaristeak.com/shopinfo/akihabara-manseibashi/

ステーキ(リブ300)2
☆このブログの最新情報をFacebookでも☆

フェイスブックで「いいね!」を押していただくと、このブログの更新情報がおわかりいただけます。
秋葉原界隈の美味しいランチ店の情報をいち早くゲットしたい方は、是非!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。